「工場、倉庫、店舗、事務所、スポーツ施設のシステム建築なら」

【受付時間】月~金 9:00 - 17:00

システム建築とは

システム建築の概要

システム建築は、ソフト面とハード面の両面をシステム化しています。
ソフト面 → 設計~部材製作~現場施工までのプロセスをトータル的にシステム化しています。
ハード面 → 基礎・鉄骨・屋根・外装で用いる部材を標準化するとともに、工場製作の比率をアップしています。
そのため、現場施工の省略化が実現できます。
上記のシステム化の結果として、低コスト短工期高品質を実現しています。

短工期・低価格を叶える建築方法

部材と工程をシステム化することで、あらかじめ仕様が定められているので部材の手配に時間がかからず短工期かつ低価格での建築が可能。

柔軟性がある高品質な建築が可能

使用目的やレイアウトのご要望にも柔軟に対応可能かつ、建築生産性を上げることで質の高い建築を行うことができる。

システム建築の特徴

正確なコスト把握が可能

柱ピッチのモジュール化、部材の標準化及び豊富な過去の実績によるデータベースを活用し、計画初期段階から精度の高い見積が可能です。

設計開始から建物完成までのスケジュールを短縮

設計~部材製作~現場施工までをシステム化し、一貫管理するため、各プロセス間のタイムロスが無く、現場施工の省略化にスケジュールの圧縮が可能です。

合理的かつ経済的な設計

柱ピッチなどに規格モジュールを設定することで合理的に、長年にわたって蓄積したデータベースを駆使することで経済的に設計を行います。

低コストかつ高品質な部材製作

部材自体、部材同士の納まりを標準化することで建設現場での部材加工・調整が不要となり、工場で集中的に製作することが可能です。
そのためコストダウンがはかれ、バラつきのない高い品質の部材が供給できます。

現場施工の省力化により短工期を実現

工場製作された部材をあらかじめ標準化された納まりで施工するので、現場での加工・調整が不要となります。
そのため、現場施工の省略化と専門工を必要としない少職種化が可能となり、工期短縮とそれに伴うコストダウンがはかれます。
近年の技能労働者不足の影響を受けない建築生産様式といえます。

ページトップへ戻るボタン