「工場、倉庫、店舗、事務所、スポーツ施設のシステム建築なら」

【受付時間】月~金 9:00 - 17:00

沿革

沿革

日鉄物産システム建築株式会社の沿革をご紹介いたします。

1973年 住友金属工業株式会社 鹿島製鉄所(現 日本製鉄)にて軽量溶接H形鋼(現スマートビーム)生産開始
1975年 住友金属工業株式会社 鹿島製鉄所(現 日本製鉄)にてH形鋼生産開始
低層向け「スミフレームパック」販売開始
1983年 低層向け新型商品「ニュースミフレームパック」販売開始
1988年 中高層向けシステム建築「住友ノンウェルドビルディング(SNB)」販売開始
1993年 基礎を含んだ低層向け新型商品「スミフレームパックエース」販売開始
1999年 平屋専用規格型システム建築「ティオ」販売開始
2003年 東京・大阪・東北・名古屋・中国・九州の6営業拠点体制に
2004年 低層向け自由設計型システム建築「トレオ」販売開始
2007年 北海道・新潟・北陸・四国を加えた10営業拠点体制に
システム建築専門メーカーの株式会社住金システム建築(現日鉄物産システム建築)を設立
2012年 東京本社を浜松町に移転 水戸を加えた11営業拠点体制に
2017年 設立10周年に新たなブランドロゴを制定
2019年 規格進化型システム建築「ネオ」PhaseⅠ 販売開始
2019年 日鉄物産システム建築株式会社に社名変更
国土交通省建設業許可取得
2020年 規格進化型システム建築「ネオ」PhaseⅡ 販売開始
2021年 規格進化型システム建築「ネオ」PhaseⅢ 販売開始
ページトップへ戻るボタン